◆バケツ稲作りコンクール/あぶくま石川

【あぶくま石川】JAあぶくま石川は1月25日、バケツ稲作りコンクールの審査会を本店で開き、最優秀賞に、バケツ稲作りの部で中谷第二小学校(石川町)と永田小学校(平田村)の2校を、図画の部で塩田直也さん(石川町中谷第二小5年)の作品を選んだ。
 同コンクールは、JAが管内の小学生を対象に行っている「バケツ稲作り体験学習」の一環として、毎年行っている。
 「バケツ稲作り」の部では、稲の成長観察や学習の様子を記録した資料を基に、学校の取組みを審査。最優秀校2校、優秀校1校を選考した。
 「図画の部」では、稲作の楽しさを描いた作品18校85点から、最優秀賞1点、優秀賞17点を選んだ。
 稲の観察記録や図画作品は、2月3日に石川町で開かれる「食育の集い〜『食』を生かして元気な地域に」の会場に展示される。


 写真=「図画の部」最優秀賞の塩田さんの作品「米づくり」