◆職員お手柄/振り込め詐欺防ぐ/たむら

【たむら】JAたむら船引支店長の坪井肇さんは2日、振り込め詐欺未然防止に貢献したとして、三春警察署から感謝状が贈られた。
 同支店管内の男性組合員(70)が3月28日、宮城県仙台市の息子へ540万円を振り込むため、定期貯金を解約したいと来店。応対した窓口担当者や坪井支店長は、金額が多額であることや、振り込め詐欺が多発していることから、同組合員に息子本人へ確認することを勧め、振り込め詐欺と発覚した。
 手口は巧妙で、息子と名乗る男から10日ほど前に、携帯電話の番号が変わったと、同組合員に電話があった。同組合員はすっかり信じ込み、振り込みの指示にも何の疑いをもたなかった。従来の電話番号で息子に確認し、事なきを得た。
 同JAの芦沢支店でも3月中旬に、振り込め詐欺未遂事件が発生したばかり。JA管内組合員が狙われており、JAは各支店に注意を促している。


 写真=チームワークで振り込め詐欺を未然に防いだ船引支店の職員と坪井支店長