◆7月オープンのJA伊達みらいのファーマーズマーケツト。名称を「みらい百彩館んめ〜べ」に。/伊達みらい

【伊達みらい】JA伊達みらいが7月にオープンするファーマーズマーケットの名称が「みらい百彩館んめ〜べ」に決定し、名称発表会並びに入賞者表彰式が4月30日、伊達市保原町の同JA本店で開かれた。
 同JAでは、名称を組合員らから公募。集まった674件の応募作品の中から最優秀賞1点。佳作14点を決定した。最優秀賞には、伊達市梁川町桜町の斎藤峰子さんの作品「んめ〜べ」が選ばれた。「んめ〜べ」とは、県北地方の方言で「おいしいでしょう」の意味。独創性と「ん」から始まる印象の強さが考慮され選ばれた。
 「百彩館んめ〜べ」は、伊達市雪車町に現在建設中で、7月2日のプレオープンを予定している。敷地面積約1万平方メートル(駐車台数150台)、売り場面積は977平方メートルで県内最大規模となる。国道4号線近くの立地。地場産農産物の販売拠点として、期待も高まっている。


 写真=名称の除幕を行う大橋組合長(右から二番目)と斎藤さん(右)ら