◆南郷トマトが本格出荷へ

【会津みなみ】本格的な夏を間近に控え、2009年度の南郷トマトの出荷が最盛期を迎えている。09年度の総出荷数量は74万5000ケース(4`)、9億7000万円の販売高を目指す。
 今年度の南郷トマトの品種は「桃太郎ギフト」と「なつみ」の2種類。生産者数は新規栽培者や復帰者などで5人が増加したが、高齢などを理由とした離農もあり、昨年より1人減の125人でスタートした。新たな取組みとして生産者宛のメールマガジンを配信。栽培指針や販売概況などの情報を適宜発信することで、情報の共有化による品質維持を進める。
 21日には開場式を行い、星安博JA組合長は「消費者からの信頼を維持するため、適正な検査をしていただきたい」と目視選果などを行う従業員77人を激励した。
 出荷は関東・関西方面を中心に10月下旬まで続く。



トマトを選別する従業員