◆新商品「お米んぼ」好評/新感覚の米粉麺/JAすかがわ岩瀬はたけんぼなど/

【すかがわ岩瀬】JAすかがわ岩瀬のファーマーズマーケット「はたけんぼ」を中心に地元の企業や団体で組織する「須賀川・はたけんぼ地消地産開発チーム」の新商品「お米んぼ」が7月に販売を始め、人気を集めている。
 須賀川産コシヒカリ1等米の米粉50%と福島県産小麦粉「ゆきちから」を主原料とする乾麺で、うどんタイプと細めんの2種類。乾麺に含まれる植物油は米由来、小麦たん白も国産を使用するなど、地場産・国産にこだわった商品だ。   サラダやパスタ、和風・洋風・中華と幅広くアレンジができ、米独特の麺のコシと風味が特徴で、市内のホテルや飲食店などのオリジナル料理として使用されている。 8月にはギフト用も販売され、商品の在庫がなくなるほどの大人気に、関係者らも驚いている。
 お米んぼを定期的に購入しているという須賀川市内に住む主婦は、「湯で時間が短くてのびにくいのが嬉しい。暑くて食欲のない時でも、サラダや冷やし中華で食べると食が進む。お米の香りがして、孫もおじいちゃんも大好きです」と、たくさんの商品を買い物カゴに入れながら話す。
 「お米んぼ」は、うどん、細めん共に1袋220c入りで250円(税込)と、ギフト用4袋入り1,000円・10袋り1,800円で組み合わせは自由。また、少しでも米消費拡大につなげたいと、お米んぼ4袋・米粉200c入り2袋・須賀川産特別栽培米ぼたん姫300c入りのお米ギフト2,500円を同時発売した。
 「はたけんぼ」と、千葉県・静岡県・和歌山県・愛媛県の提携先JAファーマーズマーケットなどで販売されている。



新商品「お米んぼ」うどんタイプ・細めんの2種類