◆山木屋産イチゴ使用のアイス人気

【新ふくしま】最高気温が約30度の日が続く福島市。同市荒井のJA新ふくしま農産加工館「四季の里水車小屋アイスクリーム」では、JA管内産の夏イチゴと桃をふんだんに使用したシャーベットが大人気だ。
 夏イチゴのシャーベットは今年初めて販売。川俣町山木屋のイチゴ生産者で作る「サンベリー生産組合」のイチゴ「雷峰」を使っている。桃は農産物直売所「ここら」の「川中島白桃」など旬の桃を使用し、夏限定だ。果物の美味しさを存分に味わってもらおうと、果肉を残し、歯ごたえを出している。
 果物の美味しさが存分に楽しめる、さっぱりしたシャーベットは9月上旬までの期間限定。以降は、生乳を使用したなめらかな舌触りのイチゴのジェラートを販売する。
 安藤正彦同JA食品課長は「2種類選べるので、期間限定のイチゴと桃を選ぶ人が多い。四季の里に植えてある桃『天津』を使用したアイスも数量限定で発売しているが大好評」と話す。
 アイスは1個(2種盛り)280円。常時約20種類が並ぶ。営業時間10時〜16時30分。定休日は毎週木曜日(冬期間のみ)。



美味しそうにアイスを頬張る子どもたち