◆直売所に消費者の声

【新ふくしま】JA新ふくしまは25日、初の「消費者モニター制度」を導入し、14人を委嘱した。消費者の声を、直接JA農産物直売所「ここら」の事業運営に反映させ、地域密着型の直売所を目指す。
 消費者モニターには、JA管内の消費者団体と一般公募から選任した。任期は1年で、@年2回予定しているモニター会議への出席A「ここら」で取り扱う商品に関して意見を述べるB食や農に関わる体験活動に関して意見を述べるなど、消費者の視点でモニター活動を展開していく。
 同日、第1回モニター会議を福島市北矢野目のJA本店で開き、菅野孝志JA理事長がモニター一人一人に委嘱状を手渡した。吾妻雄二JA経営管理委員会会長が「皆さんの声を反映し、より市民の皆さんに支持される直売所を目指す」とあいさつ。直売所運営委員会役員を交え、意見交換会が行われた。モニターから「午後の品揃えをしっかりして欲しい」「生産者手作りのポップなど、以前よりPRに力を入れているように感じる。もっとPRして欲しい」など活発に意見を交わした。