◆土壌蓄熱式床暖房システムを採用し省力化/JAふたば浪江支店が新築オープン

【福島・ふたば】JAふたば浪江支店が3月31日に新築オープン。同支店でオープン記念イベントを開いた。JAをより身近で、地域や組合員に必要な施設として感じてもらうのが狙い。
 竣工式で、志賀秀榮JA組合長が「新店舗は土壌蓄熱式床暖房システムを採用し快適なオフィス環境を考え省力化に努めた」とあいさつ。馬場有浪江町長、吉田栄光県議会議員らがテープカットしてオープンを祝った。
 農産物直売所「SUN・サン・夢ひろば浪江店」の会員らの協力で新鮮な野菜や加工品、花卉類、海産物などの展示販売を実施。また、来場者には無料で豚汁や餅を振舞い、大いに賑わった。支店内では、来店者全員に記念品が配布したほか、賞金総額170万円が当たる懸賞金付き定期貯金「スーパーラッキー22」を発売した。
 来店者は「とてもきれいで外観も好感が持てる。駐車場が広々として便利が良くなり、これからも利用したい」と話していた。


大勢の来店客でにぎわう「ここら」吾妻テープカットを行なう関係者
(31日、双葉郡浪江町のJAふたば浪江支店で)