◆多目的ホール「みりょく満点」来館者数5,000人突破

【福島・東西しらかわ】JA東西しらかわの多目的ホール「みりょく満点」の来館者数が21日、5,000人を突破した。
 施設は、元気高齢者対策の一環として同JAが旧本店を改装し、昨年6月のオープン以降、一日平均30〜40人程度の来館者があり、わずか2ヶ月たらずで来館者数が1,000人を突破するなど、予想以上の人気を得ている。これからの地域高齢者対策の新しいモデルとしても注目を浴びている。
 来館者5,000人目となったのは白河市表郷地区の鈴木礼子さん。鈴木昭雄同JA組合長が花束と記念品を贈った。
 記念品を受け取った鈴木さんは「毎日この施設に通っています。足湯を利用すると、ぐっすり眠れて、体の調子が良くなり助かります。すばらしい施設なので、若い人にも大いに利用して欲しいと思います」と話した。


記念品を贈る鈴木組合長(左)と鈴木さん(21日、白河市で)