◆JA東西しらかわが高校合格祈願米を贈呈/管内6中学校3年生全員に

【福島・東西しらかわ】 JA東西しらかわは21日、管内の6中学校3年生全員約700人に、「高校合格祈願米」として同JAブランド米「みりょく満点米」(コシヒカリ)を1kgずつ贈呈した。この事業は同JAの地域貢献事業として2009年から毎年実施しているもので、次代を担う子供たちに農業・農産物への理解を深めてもらう目的も兼ねている。
 式が行われたのは表郷(白河市)、矢吹(矢吹町)、棚倉(棚倉町)、塙(塙町)、矢祭(矢祭町)、鮫川(鮫川村)の各中学校。合格祈願米は1月5日に棚倉町の山本不動尊で、鈴木昭雄代表理事組合長らJA役職員が参列して祈願した。
 矢吹中で行なわれた式では、JAや学校関係者のほか矢吹町職員が出席。同JAの三村正一専務が「このお米を食べて栄冠を勝ち取ってください」と挨拶し、生徒代表の理崎有香さん、佐藤真理奈さん、平野隆也君に合格祈願米を手渡した。理崎さんが「それぞれの夢の実現のために、このお米を食べて受験勉強を頑張ります」とお礼を述べた。


矢吹中にて合格祈願米を手渡す三村専務(中央)
(1月21日.矢吹町立矢吹中学校)