◆TPPで駅前街宣

【福島】
 JAグループ福島は12日、福島市のJR福島駅東口と郡山市のJR郡山駅西口の駅前通りで「環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加表明に抗議する街頭宣伝活動」を行った。
 昨日の野田首相が決断したTPP交渉参加に向けた関係国との協議開始の表明に対し、JAグループ福島は非常に遺憾な判断だとして断固抗議するため、改めて農業だけでなく地域経済が崩壊してしまうことを市民に理解してもらおうと取り組んだ。
 JA福島五連の職員ら約40人が参加。正午、JR駅前通りで電車の乗降客や買い物などの市民らに、TPP交渉参加阻止に向け引き続き運動するとのちらしを配った。参加した職員らは「政府のTPP交渉参加発表は、国民の声を聞いていないし、満足な議論や情報開示も行っていない。いま必要なのは、震災・原発事故からの復興が先ではないか」と話していた。


ちらしを配りTPP交渉参加表明への抗議活動をする職員(12日、福島市)